債務整理の相場について 【費用相場を知ることはとっても大切です】

債務整理の相場について 【費用相場を知ることはとっても大切です】

債務整理の相場について 【費用相場を知ることはとっても大切です】

債務整理は、借金を抱えてしまった人が負債を清算するための手続きですが、法律上の手続きであれば自己破産や個人再生、任意で和解を目指すのであれば任意整理といった、いくつかの手段が想定されます。
こうした債務整理の手続きについては、基本的には弁護士に相談して受任してもらうのが一般的ですので、つまるところ、債務整理の費用の相場を知りたければ弁護士費用の相場を知ることが大切となります。
ところが、弁護士法によって弁護士の報酬は他の資格と同様に自由化されてしまっていますので、かつてと違って相場を適切に判断することが難しくなっています。
そのようななかでも、東京都下の複数の弁護士会で開設する法律相談センターが掲げている報酬基準は、他の弁護士事務所などでも参考にしている部分が多いため、大まかな費用の相場といっても差し支えないといえます。
具体的には、任意整理の場合、債権者が2社以下であれば着手金が5万円以内、報酬金は1社あたり2万円で、減額報酬金として残元金が加わります。過払金返還請求をあわせて行う場合は、返還を受けた過払金の20%以内が他に報酬として必要となります。
自己破産の場合には、着手金が20万円以内、報酬金は免責決定という借金の支払い義務が帳消しになった場合のみ必要となり、着手金と同じ金額となります。
個人再生の場合は、着手金が30万円以内、報酬金も原則30万円以内で、比較的軽易な案件は20万円以内となっています。過払金返還請求があるときは、返還を受けた過払金の20%以内です。