債務整理のデメリットを理解する※債務整理の前に知っておくべきこと

債務整理のデメリットを理解する※債務整理の前に知っておくべきこと

債務整理のデメリットを理解する※債務整理の前に知っておくべきこと

カードローンやクレジットの申し込みは、インターネットが普及した時代、時間を問わずに申し込みが可能な時代となり多くの人が利用しています。
友人の結婚式が重なって、出費を乗り切るためにカードローンを利用したりと、ピンチの時に助けてもらえる心強い味方のカードローンやクレジットカードですが、支払い計画を立てずに利用すると返済に困ってしまう状況になる方も少なくありません。
カードローンの債務、クレジットカードのショッピングやキャッシングで膨れあがった債務をどうしかしたいと思った時に、最終手段として債務整理を検討する方も多いです。
債務整理には、業者との交渉で今後の返済について決めていく任意整理、業者と借主との話し合いに裁判所が間に立つ特定調停、裁判所に申立て後、債務の一部を免除してもらう個人再生、裁判所に支払い不能という事を申立て債務の免除をしてもらう自己破産という種類があります。
債務整理を行うとどんなデメリットがあるかという事について、不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが借金の返済に悩む生活から立ち直らせてくれる制度なので、メリットの方が大きいといえます。
デメリットとしては、自己破産の場合はマイホームj等の高額な財産は債権者に分配されたりと財産は手元に残らず、事故情報として、信用情報機関のデータに登録されるので7年から10年間は新たな借金ができなくなります。しかし、自己破産をした事が周囲に知られる心配などはまずありません。
他の債務整理のデメリットについても同様に、5年から7年は信用情報機関へ事故情報が登録されるためクレジットカードの利用や、ローンの利用は一定期間できなくなります。